お客様の声

脱水症状を起こしやすい患者さまのために|福岡県飯塚市

その他施設への導入事例

脱水症状を起こしやすい患者さまのために|福岡県飯塚市

福岡県飯塚市にある「なかしま 内科・糖尿病・腎クリニック」へ風のない全館空調『F-CON(輻射式冷暖房)』をご導入いただきました。

今回ご導入いただいたのは、長時間の滞在が必要となる「透析室」です。

―Q.なぜ風のない全館空調『F-CON(輻射式冷暖房)』を導入されたのか

院長:送風式の冷暖房装置だとのどを痛められる患者さまや、免疫力の低い方が多いので、風のない冷暖房装置を探していたところ、風のない全館空調『F-CON(輻射式冷暖房)』と出会いました。

―Q.導入のメリットは

院長:透析医療をするにあたって脱水になりやすく、また、送風装置によってのどを痛めやすいと言ったところで、より健康な医療を求めるうえでの冷暖房装置として風のない全館空調『F-CON(輻射式冷暖房)』をと考えてます。

―Q.Afterコロナにはどうですか

院長:送風式の冷暖房装置ですと、風がおきてウイルスが拡散してしまうリスクが考えられますが、FCONは風が起きないので、風を回さない点というから冷暖房機能としての選択肢のひとつであってもよいかと思います。

また、透析クリニックとしては「感染させない」「感染を拡大させない」というところで、Afterコロナの透析医療での冷暖房装置として挙げてもよいのではないかと思います。

このように風を一切使用せず冷暖房する風のない全館空調『F-CON(輻射式冷暖房)』は、医療施設の中でも脱水症状を起こしやすい透析患者にはぴったりのようです。

エアコンの風によりウイルス拡散が進んだとも言われており、より一層風のない全館空調『F-CON(輻射式冷暖房)』の需要は高まりそうです。

実際にF-CONを
体感してみたい

導入可否の確認や
お見積りの
ご依頼をしたい