エアコンではない 新しい選択。光冷暖システム

COLUMN & NEWS

コラム&ニュース

ホーム > コラム&ニュース > 知っておきたい光冷暖の仕組み

  • 3-2

    201809.11

    カテゴリー:コラム

知っておきたい光冷暖の仕組み

 

 

家中どこにいても快適な温度(※)で、風が直接当たらず、触っても安全。
ヨーロッパにはオイルヒーターという無風の暖房があるが、光冷暖では無風で冷房も可能に。
今回はそんな光冷暖の「仕組み」について詳しく説明します。
エアコンとの構造の違いに注目してみてください。

 

家中どこにいても快適(※)

室内に設置したパネルと、加工を施した壁・天井素材との間で遠赤外線が反応し、室内温度を調節。

夏の暑さはパネルに吸収され、冬はパネルから熱を発します。

壁や天井に反応するため、パネルのない部屋にも機能し、家全体を包み込むような快適さを実現。

オイルヒーターのように各部屋に置く必要はなく、1〜2台で家全体に機能します。

 

(※)建物の構造・断熱・遮熱・開口部・日射の状況により異なります。

 

 

3-1

 

 

熱移動でコントロールするから風が生じない

エアコンのように送風による温度調節ではなく、熱移動の仕組みを利用して温度をコントロールします。
もともと「熱」は(温度が)高いところから低いところへと移動するもの。
パネルの中に冷たい水が通ると、壁や天井の熱がパネルに移動し、家全体の室温が下がります。同時に人の熱もパネルに移動するため、熱が吸収されて涼しく感じるのです(暑い日にトンネルに入ると涼しく感じるあの感覚です)。
また、無風なのでカビや菌、ほこり、花粉などが舞い上がることがなく、空気感染のリスクを低減します。

 

 

3-3

 


 

3-2

 

機能面だけでなく、安全面も考慮

お客様より「触っても大丈夫なんですか?」というご質問が多く寄せられますが、
暖房運転時でもじんわりと熱くなる程度で稼働しているため、直接パネルを長時間触っていても、やけどなどの心配はありません。
そのため、保育園でも安心してご利用いただいております。

 

3-4

 

以上、仕組みを簡単にご説明しました。

 

光冷暖は住宅以外にも、すでに医療機関や保育園などにも導入されています。
やはり選んでいただける理由は「カラダに優しい冷暖房」であること。
今後、さまざまな導入事例もご紹介させていただきますね。

 

「光冷暖のことをもっと知りたくなった!」という方がいらっしゃれば私たちも嬉しく思います。
お客様のお声や体験イベントについてなど、いろいろな情報をご案内していきますので、楽しみにしていてください。

(※)建物の構造・断熱・遮熱・開口部・日射の状況により異なります。

似た記事を探す

CONTACT

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせフォーム

HIKARI REIDAN

KFT株式会社

〒812-0025 福岡市博多区店屋町3-23 サカタビル5F
tel: 092-281-1200 / fax: 092-510-1859
  • 光冷暖公式Facebook
  • 光冷暖公式インスタグラム
Copyright © KFT Co.,LTD.ALL rights reserverd.
トップへ戻る