エアコンではない 新しい選択。F-CONシステム

COLUMN & NEWS

コラム&ニュース

ホーム > コラム&ニュース > おしゃれな吹き抜けが作れる!光冷暖で快適な家づくり

  • 201912.12

    カテゴリー:コラム

おしゃれな吹き抜けが作れる!光冷暖で快適な家づくり

最近、リビングを吹き抜けにしたいという声が増えているそうです。

高い天井がもたらすゆったりとした空間は、広々とした心地よさを感じさせてくれるもの。

「空調がちゃんと効くのかな…」と心配する人もいるようですが、光冷暖なら吹き抜けにも対応しています。

 

 

リビングを吹き抜けにして得られる多くのメリット

 

吹抜けのあるリビング

 

リビングに吹き抜けを作るメリットは、おしゃれなだけではありません。

敷地が狭くても十分に開放感を味わえること、1階と2階にいる家族の息吹が自然と伝わって家族が一体感を感じられること。窓を大きく取ることもできるので、部屋全体が明るく過ごしやすくなることも、心地よさを感じられる理由です。

 

ただ、エアコンで温めた空気が上に昇ってしまい、1階と2階で温度差が出る、1階の足元が寒い、という悩みも。

確かに、通常の高さのリビングでも、暖かい空気は天井付近に溜まりがちですね。

 

 

光冷暖で吹き抜けは?

 

2-3

 

光冷暖の仕組みは、冷温風により空気を温めるのではなく、無風の輻射熱(遠赤外線)により壁や天井など部屋自体を温めたり冷やしたりするもの。

 

温まった空気が上昇する、冷たい空気が下降するという性質自体を変えることはできないため、光冷暖の吹き抜けでも1階と2階の温度差は多少は生じてしまいますが、天井が高くても寒さを感じるような不快な環境にはなりにくいです。

それでも気になる場合はシーリングファンを付けるなどすれば、天井付近の暖気を下降させることができるため、より快適な環境をお作り頂けます。

 

光冷暖の吹き抜けの場合、パネルラジエータの設置位置を考慮することで、より快適な環境をおつくり頂きやすくなりますので、ご検討の方はお取扱会社様にご相談ください。

 

人が寒さや暑さを判断するのは、実は気温だけではなく「気温と輻射熱を足して2で割った温度」と言われています。仮に気温が5度しかなくても、35度の輻射がある場所なら、人は20度の温度を体感することができます。真冬の日なたが暖かいのは太陽からの輻射熱により、真夏の洞窟が涼しいのは壁天井に輻射熱を奪われるから、ということを考えるとイメージしやすいのかも。

 

 

吹き抜けのリビングで家族の笑顔が増える

 

ファミリーイメージ

 

健やかに、快適に暮らせる光冷暖で、太陽の光をいっぱいに取り入れた吹き抜けのリビングを自由に楽しんでみませんか?

似た記事を探す

CONTACT

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせフォーム

HIKARI REIDAN

FUTAEDA株式会社

〒812-0025 福岡市博多区店屋町3-23 サカタビル5F
tel: 092-281-1200 / fax: 092-282-8177
  • F-CON公式Facebook
  • F-CON公式インスタグラム
Copyright © FUTAEDA CORPORATION ALL rights reserverd.
トップへ戻る