エアコンではない 新しい選択。光冷暖システム

COLUMN & NEWS

コラム&ニュース

ホーム > コラム&ニュース > 夏場・冬場によくある男女間の体感差【光冷暖のある暮らし】

  • カップル 男女 リビングで寛ぐ 笑顔 幸せ

    201909.26

    カテゴリー:コラム

夏場・冬場によくある男女間の体感差【光冷暖のある暮らし】

夏場、冬場になると家庭やオフィスで勃発するのが「冷暖房の設定」をめぐる男女間の争い。男性は低い温度、女性は高い温度を好む傾向にありますが、解決する方法はないのでしょうか?

 

今回は、室温が及ぼすパフォーマンスの影響、男女間での体感の差について考えていきます。

 

 

◾️室温とパフォーマンスに関係はあるのか

 

室温がパフォーマンスに及ぼす影響の可能性について、アメリカの南カリフォルニア大学ビジネススクールの研究チームが「室温と学力」の関係性に着目した研究結果を発表しています。

 

同研究によると、室温を16〜33℃の間でさまざまに設定し、数学・言語・論理の3つの項目でテストを実施したところ、男性は室温が低いとき、女性は高いときに正答数が上がりました。

 

もちろん、同研究はあくまで限定された環境で行われたため、その結果も限定的なものです。

 

しかし、暑い・寒いのように極端な温度環境において、誰しも不快感を感じたり体調を崩した経験はあるもので、そこからパフォーマンスの低下につながる可能性は十分に考えられます。

 

 

◾️男女間で「快適」と感じる室温には1℃の差が

 

パフォーマンスの維持には室温が重要とのことですが、結局のところ何℃がいいのでしょう?

 

「快適」と感じる室温について男女の平均値を調査すると男性は25℃、女性は25.7℃という結果に。25〜26℃の間に設定することで、およそ誰もが快適と感じられるはずなのです。

 

しかし、室温に関して「ちょうどいい」と感じている割合を調査したところ、男女ともに半数以下でした。とくに男性は暑さ、女性は寒さを感じやすい傾向にあるようです。

 

では、なぜ男女でこれほど体感に差が生まれるのかと言うと、「新陳代謝率」が挙げられます。

 

新陳代謝率とはエネルギー量(熱量)を表すもの。厚生労働省によると20代男性で1日あたり1,520kcal、女性で1,110kcalが平均値とされており、男女間には410kcalの差です。

 

もちろん、人によって新陳代謝率は異なるので一概には言えませんが、熱量が多ければ体温も上がりやすいわけですから、男女間で体感に差が生まれやすいのも納得できます。

 

誰かが我慢している環境をどうにかできるのか。冷暖房の大きな課題と言えるでしょう。

 

 

◾️光冷暖では温度差を感じにくいという声も!?

 

・「エアコンのときにはあった、温度設定をめぐる夫婦喧嘩がおさまりました」

・「日本人と外国人で同じ空間にいても、トラブルもなく快適に過ごせています」

 

これらは光冷暖を導入いただいたお客様の実際の声です。

 

冷暖房の導入、買い換えをご検討されている方は、エアコンとはまた違った選択肢として、送風のない冷暖システム「光冷暖」も一度体感されてみてはいかがでしょうか?

 

 

※参考文献は以下のリンクから閲覧いただけます。

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0216362

 

https://www.nature.com/articles/nclimate2741.epdf?referrer_access_token=RL7gkt-9nZR8QI6hdG4d59RgN0jAjWel9jnR3ZoTv0OxYB2QX8K1vS0r2SpOOxl5-QKWpBFSROwh6pmh1aKkmCc5bLeNaBi5EqR4KlVBpMbE3r7ittAKE_pwoSV1JrP9gDipIRN4SmJU7ceI1xB7HDYNW9-drtkbL7mbUwjV4wDFIxj4XGvRaqcqpjUTVahHdvoRxHLZRoUWt_KknnH_GA%3D%3D

 

 

似た記事を探す

CONTACT

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせフォーム

HIKARI REIDAN

KFT株式会社

〒812-0025 福岡市博多区店屋町3-23 サカタビル5F
tel: 092-281-1200 / fax: 092-510-1859
  • 光冷暖公式Facebook
  • 光冷暖公式インスタグラム
Copyright © KFT Co.,LTD.ALL rights reserverd.
トップへ戻る