光冷暖とは

ホーム > 光冷暖とは > 学会情報

学会情報

第4回KFT学会 2017年7月14日@博多 八仙閣

  • 「放射冷暖の可能性」

    株式会社 日建設計 佐々木 教道 様

  • 「オフィスでの放射冷暖環境」

    隈研吾建築都市設計事務所 代表 横尾 実 様

  • 「快適な目覚めのための照明」

    福岡女子大学 前副学長 森田 建 様

  • 「これからのエコハウス」

    元環境省 事務次官 小林 光 様

  • 「光冷暖の最新情報・総括」

    AnnyGroup代表 二枝たかはる

第3回KFT学会 2016年7月14日@博多 八仙閣

  • 「光冷暖メカニズム」

    元 九州工業大学 特任教授 山田 久文 様

  • 「エアコンの不快性と光冷暖の快適性」

    九州大学 岡本先生

  • 「KFT農法を科学する~省エネ・収穫・成分・機能性の観点から~」

    九州大学 清水先生

  • 「土の健康 作物の健康 人の健康」

    YHC矢山クリニック 矢山院長

  • 「光冷暖の最新情報・今後の展望」

    AnnyGroup代表 二枝たかはる

第2回KFT学会 2015年7月14日@博多 八仙閣

  • 「KFT農法を科学する」

    九州大学 清水先生

  • 「光冷暖の快適性を脳科学的に評価する」

    九州大学 岡本先生

  • 「健康と住宅~室温確保とストレスフリー=光冷暖の優位性~」

    広島大学 烏帽子田先生

  • 「熱と生体との間のエネルギー授受関係と光冷暖」

    元 通商産業省 主任研究官 高嶋 廣夫 様

  • 煎茶道 黄檗売茶流

    お家元 中澤 弘幸 様

  • 会場

第1回KFT学会&2014年冬のKFTセミナー 2014年2月25日

今後更なる展開を広げるべく、快適な住空間(健康とエコが両立できる建築物)の研究および学会発表を目的としたKFT学会を発足いたしました。
大学の先生方、民間の研究者・技術者の方々をお招きさせて頂き、
その記念すべき第1回を、グランドプリンスホテル新高輪で開催させていただきました。
沢山の先生方に研究成果、実証データ等を公表頂きました。

光冷暖TVでもご覧いただけます

2014年冬のKFTセミナー (コクヨホール)

2014年冬のKFTセミナーを開催させて頂き、光冷暖の知識・最新情報等をお伝えさせて頂きました。
北はカナダ、南は台湾から たくさんの方にご参加頂きました。
経済産業省、メーカー、専門家の方など、多方面からご講演を頂きました。
ご参加者様からも驚きの声が続出しており、光冷暖の輪が急速に広がっています。

  • 「日本の省エネルギー政策について」

    経済産業省 福田様

  • 「光冷暖の感想と改善希望点」

    ビルオーナー兼歯科医 桃野様

  • 「漆喰でできること」

    漆喰メーカー 社長

  • 「健康モデルハウス 進捗状況」

    住まい研究家 石川様

  • 「光冷暖とエネルギーシステム」

    村田製作所 初代様

  • 「光冷暖への疑問に関するコメント」

    遠赤外線研究家 高田先生

【北米神経科学学会2014@ワシントン】

2014年11月15日~19日 ワシントンで開催された世界最大の脳科学学会「北米神経科学学会」にて
九州大学 岡本准教授が、光冷暖の快適性などを発表されました!!

2015年1月5日、岡本准教授がKFT本社にお越しになり、
その時の状況など、詳しく報告を頂きました。
「冷房、暖房ともに、光冷暖の快適性を裏付ける統計的な優位差が出ました!」
との報告を受けました。

【北米神経科学学会2013@サンティエゴ】2014年2月25日 ※脳科学における世界最大の学会

「Evaluating human comfort using electrophysiological responses in different in door thermal environments」
生体医工学シンポジウム2013” の内容を発展させ、光冷暖システムの快適性に関する研究成果を発表 。

【生体医工学シンポジウム2013】(コクヨホール)

「脳波・心電図を用いた熱的快適性の客観的評価」

  • 神経系の反応(心電図・脳波)を計測・解析して客観的な熱的快適性評価が行える可能性を示唆。
  • 同等の室温設定(※)では、エアコンよりも光冷暖の方がストレスを軽減させる効果が期待できる。
    (※)同じ部屋の同じ観測点で室温が同じになるように設定した。

【省エネについて】

下記論文の省エネ比較は、”最先端の高性能エアコン”と”光冷暖システム”を比較した論文です。
基本的に、同じ時間、同じ面積、同じ体積で、冷暖房をおこなった場合、
室温を揃えても、光冷暖システムの方が省エネ性が強いというデータが出ています。
比較条件が一定でなかった場合、同様の数値は得られない可能性がございます。

2014年3月20日【平成26年電気学会全国大会@愛媛大学】

「熱放射型冷暖システムにおける水温・流量制御を利用した電力抑制運転」

  • 適切な運用方法(設定水温、流量)による更なる省エネルギー効果への期待。

2013年9月24日【第66回電気関係学会九州支部連合大会@熊本大学】

「熱放射型冷暖システムにおける冷暖房成績係数のラジエータ水温依存性」

  • 設定水温が高い程(冷房時)、熱交換効率が高い傾向を確認。

2013年9月13日【平成25年 電気学会 電力技術・電力系統技術合同研究会@九州工業大学】

「熱放射式冷暖システムを用いた電力需要削減・省エネルギー効果の評価」

  • 外気温に合わせた水温設定で、電力需要のさらなる削減が期待。
  • 最適な水温&流量を設定することで、常に一定量以上の赤外線が出るような運転が期待。

2013年9月3日【第31回電気設備学会全国大会@大阪府立大学】

「効果的な放射伝熱を有する熱放射型冷暖システムによる電力抑制運転」

  • 放射割合から放射伝熱の効果を確認。
  • 高性能エアコンと比較して省エネ。
  • 蓄熱性を利用した運転で、電力ピーク対策の有効性を実証。

2013年3月22日【平成25年電気学会全国大会@名古屋大学】

「熱放射式冷暖システムの暖房時における赤外線量評価」

  • 赤外線放射量は水温が高いほど多くなることを確認。

2012年11月14~16日【再生可能エネルギー先端技術展2012】

九州工業大学とAnnyGroupで、省エネ技術ということで共同出展!


2012年9月25日【第65回電気関係学会九州支部連合大会@長崎大学】

「熱放射式冷暖システムにおける赤外線放射量の評価実験」

  • 冷房時の赤外線放射量を測定、ラジエータ自体の放射効率アップを確認。

2012年8月22日【第30回電気設備学会全国大会@名古屋大学】

「熱放射式冷暖房システムの性能実験」

  • ラジエータから赤外線が放射されていることが明確に確認。
  • 省エネエアコンと比較をして、光冷暖の方が省エネ&快適。

2012年8月7日【電力技術・電力系統技術合同研究会@東京大学】

「水蓄熱式放射冷暖システムによる電力需要抑制運転」

  • エアコンと比較しても、大幅な蓄熱効果 ⇒ 電力ピークカット対策への期待。
  • 省エネエアコンと比較をして、冷房・暖房、総合的に考えて省エネという結果に。
    熱交換機自体の性能が向上すると、更なる省エネが期待。

2012年3月27日【中国/上海にて学会発表】

  • 冷暖房時、COPを揃えると最新式エアコンと同等の省エネ性能のデータ取得。
  • 暖房時、蓄熱性からみたピークカット運転の可能性。


2012年3月21日【平成24年電気学会全国大会 @広島工業大学】

「熱放射型冷暖房システムによる暖房運転の特性評価」

  • 暖房時、省エネエアコンよりも30%省エネのデータ取得。COPを揃えると更に省エネ。

2011年9月26日【第64回電気関係学会九州支部連合大会 @佐賀大学】

「熱放射型冷暖房システムによる電気エネルギー最適化の検討」

  • 冷房時、省エネエアコンと同等のデータ取得。
  • 冷房時、蓄熱性からみたピークカット運転の可能性。

2011年9月15日【第29回電気設備学会全国大会 @宮崎公立大学】

「熱放射型冷暖房システムによる省エネルギー化と電力マネジメント」

  • 冷暖房時、COPを揃えると最新式エアコンと同等の省エネ性能。
  • 暖房時、蓄熱性からみたピークカット運転の可能性。


PAGE TOP

お申し込みはこちら